本当は・・・

こんにちは。こころもちです。

娘が不登校になった時

学校には行きたいんだよ。でも体調が悪くなっていけないんだよ。

もうこのお腹、なんで痛くなるんだよ!

なんでなんだよ。バカバカ、このお腹!

そう言ってお腹を叩いていた娘

 

私は

「学校には行きたい」

という言葉にしがみついた。

そうか。体調さえ治ったら全てが上手くいくんだ!って。

自分が希望するほうを信じた。

 

そして病院を回った。

どこかに病気が隠れていて、

それが治ったら元気になるって。

学校にも行けるって。

でも、どこかで気付いていたと思います。

本当は…

って。

不登校になって半年後

娘が

「わたし、本当は行きたくなかったってわかった」

ってつぶやきました。

娘も理想像の自分の方を信じたかったんだなって思ったら涙がでてきた。

娘に

「そうかぁ。行きたくなかったんだね。本当の気持ちがわかってよかったね。」

と伝えたら

「うん。これ以上無理して行かなくてよかった。」

と半泣き、半笑いの表情で答えてくれました。

人間って無意識に

自分の都合の良い方に解釈します。

本当は…どうしたいの?

本当は…どう思ってるの?

本当は…どうしてほしいの?

自分の心に問いかけてみて下さい。

「私」だけは「本当の私」の味方でいて下さい。

 

関連記事

  1. 個性と多様性と可能性

  2. 子どもの心

  3. よろしくお願いします

  4. オンライン親の会

  5. 2:6:2の法則

  6. 子どものストレス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。